「諦めないこと」を勘違いしていないか?

d9fd55617d7f4862977b8210c4aeaac3_t
願望を実現した人々は口をそろえて言います。
「決して諦めないこと。それが何よりも大切だ」
その言葉を信じて、たとえうまく行かなくても、毎日、同じ努力を繰り返している人々がいます。
もし、これが願望が実現しない理由なのだと言ったら、皆さんはどう思われますか?
実は、世間には「諦めない」という言葉の意味を、勘違いしている人が多いのです。

発明王のエジソンは、長時間の使用に耐えられるフィラメントを作り出すために、1万回もの失敗を繰り返したと言われています。(エジソン本人は、あくまでもそれらの実験は失敗などではなく、うまくいかない方法を1万通り発見しただけだと言っています。これはこれで、とても含蓄のあるいい話ではあるのですが、ここでは話を単純化するために、エジソンは失敗したということにします。)
確かにエジソンは、何度失敗しても諦めなかったおかげで、見事、電球の実用化に成功したわけですが、ここで見逃してはならないことがあります。
それは、エジソンは失敗したら、次は違う方法を試したということです。
1回目の実験で失敗したにもかかわらず、「私は決して諦めない」と言いながら、同じ素材で実験を繰り返していたのでは、いつまで経っても電球は実用化されることはなかったでしょう。
諦めないというのは、願望(目標)を変えないということであって、そのための行動や努力の仕方を変えないというわけではありません。

今のやり方でうまくいかないのであれば、やり方を変えなければなりません。
そして、諦めなければ、必ずうまく行くやり方を見つけ出すことができるのです。